むすめ飯のお金日記

我が家の子育てや不妊治療、資産運用などの記録

スポンサーリンク

切迫早産で一家離散。入院費用にビクビク!

f:id:musumemeshi:20180812100900j:image

こんにちは、むすめ飯です。

現在、第二子を妊娠中の妻ですが・・・

またしても、切迫早産になりました。

第一子を妊娠している時も切迫早産を経験していたため、今回も覚悟はしていましたが、まさか入院するとまでは思っていませんでした。

この結果・・・

  • 妻→入院
  • 娘→妻の実家
  • 私→自宅

という一家離散状態です。

娘はまだ一歳半のため、元気に過ごしているか心配なところですが、どうやら元気にやっているようです。

親としては嬉しい反面、既に親離れを始めているのではと寂しい気持ちにもなりそうです。

先日も、妻のお見舞いに義母と行ったようですが、どこか遠慮気味で、妻に甘えたりはしなかったようです。

また、帰り際には泣くこともなく・・・

ばぁーい。

と元気に言いながら、スタスタと帰っていったようです。

娘ながらに妻の状態を察しているのかもしれません。

はまたま、本当に親離れをしてしまったのかもしれません(笑)

そんなたくましい娘とは反対に、一人頭を抱えているのが・・・

家計を司る私!

入院費用が幾らになるか、今からビクビクしています。

高額療養費制度と医療保険(妻の場合は、5,000円/日の支給)等の兼ね合いで、タイミングよく退院できれば、実質的な負担はほとんど無さそうですが、こればかりは運に任せるしかありません。

また、現在は個室が空いているため、差額ベッド代無しで個室に入れてもらえています。

ただ、個室が埋まった場合、個室希望者に部屋を譲り、大部屋に移動しなければなりません。

もし、個室を希望して入れてもらう場合は、10,000円/日も差額ベッド代が必要になります。

そう考えると、無料で個室に入れてもらえている我が家はかなり幸運です。

何も知らず、隣室の患者さんは差額ベッド代を支払ってるかもしれませんから(笑)

そんな訳で、入院費用に頭を抱える私ですが・・・

まずは体調を整えてもらうことが一番です!

妻にはゆっくり休んでもらいたいと思います。

入院費用については、確定次第整理したいと思います。

以上、切迫早産で一家離散。入院費用にビクビクでした。